国指定重要文化財 渡 邉 邸   
概要 歴史 母屋 土蔵 庭園 四季 収蔵品
参観料 改新日記 チョコット リンク集 お客様の ご感想 English

お知らせ 

▼ 雛人形・土人形展示                         2022年2月22日更新

 旧暦の桃の節句に合わせ、雛人形を展示しまています。安政5(1858)年に渡邉家九代当主が長女の初節句にあたり求めた古今雛、天保11(1829)年の雛人形、雛人形の始まりとされる紙雛など、渡邉家伝来の雛人形に狩野常信の屏風「江戸風俗図」が花を添えます。
 また、昔の一般家庭の雛飾りであった土人形も展示。庶民にとって雛人形は高価で手が届かなかった時代、家にあるテーブルに布をかけ、土人形など家中の人形を集めて飾って、桃の節句を祝ったそうです。
”旦那様の雛人形”と”庶民の雛飾り”を併せてお楽しみ下さい。

展示期間 : 2022年2月19日(土) ~4月3日(日)
    
    安政5(1858)年        天保11(1829)年       紙雛          土人形 



▼ 有料ガイドの追加                                2021年10月13日更新

 従来、団体様への見学ガイドや、土日祝日の定時ガイドは無料で実施しておりましたが、コロナ禍で少人数のグループのお客様からのご要望が増加していることから、無料ガイドとは別に、有料ガイドを追加する事にいたしました。当日申込みは、業務の都合によりガイドをお引き受けできない場合がございますので、なるべく事前予約をお願いいたします。

    有料ガイド : ガイド1名につき 1,000
       *1~9名様の場合 : 予約の有無にかかわらず 有料
       *10名様以上で当日申込みの場合 : 有料
       *10名様以上で事前予約の場合 : ガイド1名無料、ガイド追加分は有料



▼ その他

  ◆ 関川小学校6年生によるPR動画
     ①概要  ②屋根  ③  ④釘隠し  ⑤大正ガラス  ⑥埋め木  ⑦庭園

  ◆ 一口旦那様基金



▼ ホームページ更新情報


   

                         お知らせバックナンバー 2021  2020  2019  2018  2017


 渡邉邸歳時記          2022.2.22

 立春を過ぎ、太陽の眩しさで春が近づいているのを感じた日もありましたが、今日はまたもや氷点下。関川村は、三寒四温と言うにはまだ程遠いようです。

 それでも、赤い毛氈に雛人形や土人形を飾り付けたら、館内が一気に華やかになりました。正面入口から通り土間に足を踏み入れると、210体もの土人形たちがお出迎えしてくれます。まるで、皆一丸となってお客様のお越しをお待ちしております。


アクセス


     ↑クリックで拡大図表示
 渡邉邸は関川村役場の正面にあり、交通の要衝として歴史のある米沢街道とともに発展してきました。関川村は新潟県と山形県の県境にある、山と川と湯の里です。公共交通機関は運行本数が少ないため、ダイヤを事前にご確認下さい。

【お車】
 高速道 日本海東北自動車道 荒川胎内ICを降り、国道113号線を南陽方面に進み約20分。駐車場は、関川村役場駐車場をご利用下さい。
   
↑クリックでGoogle地図へ
【公共交通機関】
~鉄道主要駅からバスの場合~
 JR羽越本線坂町駅または村上駅から路線バスに乗り換え、下関で
 下車し、バス進行方向に直進。徒歩5~10分。
         新潟交通観光バス(株)下関営業所:0254-64-1102
~鉄道最寄駅から徒歩の場合~
 JR米坂線越後下関駅を下車し、駅前の信号を右折。徒歩5~10分。
  当サイトへのリンクはフリーです。設定する際はこのバナーをご利用下さい。

                              〒959-3265
                               新潟県岩船郡関川村下関904
                               公益財団法人重要文化財
渡辺家保存会
                                 TEL&FAX:0254-64-1002
                                 
Eメールwatanabetei@tiara.ocn.ne.jp

Copyright 2010,watanabe-tei. All Rights Reserved.